event47.jpg

micro_info.jpg

2012年06月01日

換毛期と要注意の毛玉

日中は暑くなってきましたね晴れ


現在 犬日和では換毛があるワンちゃんには
念入りなブラシ作業で多少普段よりお時間をいただいて
おります。


できましたら、お時間に余裕をみて
ご予約いただけると嬉しいです犬(笑)





いつもの手入れではそう多くない抜け毛も
春と秋の換毛期には驚くほど抜け毛が多くなります。





換毛期はまとまって毛が抜け落ちる場合もあります。
その為、初めて換毛期のワンちゃんを見る方は
病気ではないか?と心配する方もいらっしゃるぐらいです。



春の換毛期では冬毛が抜けて夏毛に代わり
秋は逆に夏毛から冬毛に衣替えします。



ご自宅内で生活しているワンちゃん達は
温度差が少ない為、多少遅くなります。




換毛した被毛は、抜けない毛と絡み合い
毛玉になってしまうケースが非常に多く


またご自宅でこの時期に普段通りのブラシ量で
シャンプーしてしまうと
更に固い毛玉が発生してう原因にもなってしまいます。



特に 前脚の脇の部分は皮膚も薄く
毛玉になってしまうとブラシをかける
時間も長時間になってしまいワンちゃんにとって
とても負担になってしまいます。




普段からこの脇の部分は
歩く度に摩擦で毛玉になりやすく

胴輪をご使用になる場合は
更に毛玉になりやすく
毛玉が大きくなると
歩く度に毛玉がひっぱられてしまいます。


これでは、せっかくの楽しいお散歩も
飼い主さんの知らないところでワンちゃんの
ストレスが溜まっていく原因になっているかもしれません。




後脚も膝やタック。飛節。
この辺りに毛玉ができてしまうと
歩く度に違和感を感じてしまいます。




例えば、
大げさかもしれませんが、人間でおきかえると
脚の膝や腕の肘に、きつく包帯やギブスをして曲げ伸ばし
する感覚をイメージしてみて下さい。


そして、物凄く脚や腕の毛が毛深く
その包帯やギブスの内側に超強力な両面テープが張って
あったとしたら。


動かしにくいし、無理して動かしたら
包帯と皮膚の毛がひっぱられて
とても痛いはず顔(泣)






また、耳下に毛玉ができても
お耳を動かす度にストレスです。



少しの音でも反応してしまうワンちゃんにしたら
ストレス度は計り知れません犬(泣)





毛玉が何故いけないのか?



これだけではありませんが
少しでも考えるきっかけになっていただければ嬉しいです。








































































そのためこの時期は抜け毛が多いです。

これらの時期の手入れは抜ける毛を効率よく
スムーズな換毛の手助けをすることが大切です。







ニックネーム もじゅママ at 13:02| Comment(0) | わん子の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント