event47.jpg

micro_info.jpg

2009年11月12日

ウィルスについて

前回にワクチンのお話を書かせて頂きましたが
掃除の仕方等みなさん気になりますよね。


私はトリミング室をしています。
大切のワンちゃんをお預かりしているので
特に気をつけなくてはいけない立場です犬(怒)


お家で特にしてもらいたいのは
まずは、クッションやドッグベット。ゲージを
太陽によく当てて欲しいな。と思います。

直射日光の紫外線による殺菌力&脱臭力は大変な力を
持っています。
日光の中に含まれる紫外線は殺菌作用がありますが、
それは表面にしか作用しないので 裏返しにも当ててくださいね。

日光消毒の主な目的は乾燥による消毒作用になります。
大腸菌など多くの細菌は乾燥に弱く水分がないと死滅します晴れ


確かに、消毒液の方が確実ですが(ウィルスはまた別にお話します)
ワンちゃんや小さなお子様がいるとお口に入ったりしないか
心配ですよね顔(汗)

トリミングにいらっしゃる前に
ワンちゃん用具を全部ベランダに出してから来店される
お客様もいらっしゃいます犬(笑)


細菌は水と栄養で元気になってしまい増殖してしまいます。
ウィルスと細菌は違うんですね目



ジステンパーやパルボなどは
恐いウィルスとなりますあせあせ(飛び散る汗)


細菌は抗生物質が効果的ですが
ウィルスは予防が最善策かもしれません。

パルボなどは「コロリ病」「ポックリ病」など
痛ましい名前がつけられています。

また獣医さんによっては症状を聞いて
別の病院を紹介されてしまうなど、

ようは

「お断り手(パー)」されてしまう事も。


パルボウィルスは、自然界でも半年〜1年生きると言われています。
(そのままの状態で)

ウイルスは感染した犬の糞便中に含まれて排泄される為
これが付いた場所や、ウンチを触った手で
他のものに触れればウイルスは運ばれることになってしまいます。

ただジステンパーのように空気感染はしません。



私の中で気をつけた方がいいと思う事。
やはり獣医さんにワンちゃんを連れていく時です。
数日の潜伏期間があるパルボ。

大手のペットショップで購入後
ワクチンもしくは、健康診断で獣医さんに行く機会がありますよね。

可愛いからとゲージから出してしまう飼い主さんも多いですが
実は潜伏しているかもしれません。


待合室は社交場にもなります。
私はゲージから出しませんあせあせ(飛び散る汗)

先生に呼ばれて中に入るまでです。


実はあまりドッグランなどに行かないのも病気や
ノミ&ダニとか恐いからです。。(経営者さんごめんなさいたらーっ(汗)

仲間内では遊んでます犬(笑)


ワクチンを接種したからといって完全にならないわけではありません。
ただなった時の為に免疫を高めておくには必要です!


子犬で症状がでてしまえ死亡率90%。
成犬で25%。

恐いんです顔(なに〜)


もしこういった伝染病にかかった場合には
大変なのは充分に理解しますが
ワンちゃんが行った場所など
お散歩仲間に連絡する事が二次感染を防ぎます。

私は2度ほどリレーメールが届いた事があります。

(もし回ってきましたらブログに載せるか
 アドレスをお知らせして下さってるお客様には
 ココに行っては駄目〜!と連絡しますね。)



後お散歩中に他のワンちゃんの糞尿には気をつけて下さい!


本当にウィルスは予防です。

万が一 家のワン子がかかったのなら
ワン子が使用した物は処分すると思います。
処分できる物は全てです。


絨毯も捨てると思います。

そのぐらい脅威ウィルスです。


消毒は
アルコールやクレゾール・石炭酸・逆性石鹸などの
普通の消毒薬では効果がないんです。


緊急を要するなら
ハイター&ブリーチを20CCと水500CCぐらいで薄めた
液で消毒です。
こちらは効果はありますが人体にも害が。

また獣医さんで常備してある
診察台を消毒しているビルコン。
必ず近くの台にピンクの液体でスプレー容器に
入っていますよね。

ビルコンは
鳥インフルエンザ・SARSウィルス・コロナウィルス・
炭疽菌にも有効です。
ネットでも販売されていますが
量は少しでいいので獣医さんが分けてくれる
所が多いようですよ。


ですが万が一にはハイターやビルコンがあるとして
(ハイターやビルコンはワンちゃんには直接はかけれません)

普段使いでしたら
新型インフルエンザ予防でも使用できて
ワンちゃん&人にも安全な

ノロキラー。バイオチャレンジ。
ドーバー パストリーゼ
こういったものでゲージなどお掃除用にどうでしょうか?


獣医さんに行った後に
ご自分の靴の裏。ゲージの裏も消毒なさる方もいます。


ではこんな恐いウィルスならワクチンをexclamation
と思うのも無理もありませんが

前回書かせて頂いたように
ワクチンの副作用でも命を落します。


必要なのは知識ではないでしょうか?



ワクチンも必要です。
予防策も必要です。
いざという時の消毒方法も必要です。


私的な結論としては
ワクチン&狂犬病の接種は午前中に。


言葉の話せないワンちゃんです。
ワクチン&トリミングもワンちゃんの体調が万全な時に。

下痢をしたワンちゃんをお尻を洗ってから病院に行こうとした
飼い主さんのワンちゃんが洗い終えた後に
激しいひきつけで亡くなったお話があります。

体調が悪い上にお尻を洗われた事による激しいストレス。
獣医さんに運ばれた時はもう…。
(獣医さんのお話です)


また混合ワクチンは
犬にとってもっとも怖い犬ジステンバーやパルボウィルス
アデノウィルスは5種混合で間に合いますし。

それ以降に追加されるレビスブトラに関してどうとるのかによると
思います。
このワクチンが犬にとって負担が大きい(らしい)です。



私も専門家ではありませんので
不安な方は信用できる獣医さんと相談されるのが
1番だと思います。

また知識が少しでもないと
獣医さんによっては言い負かされて
高い高い診察料を取られてしまう原因にもなります。

ワクチンの本当の値段を聞いたら
「え〜〜目」となるかもしれません。

人間でもお薬などそんな感じですが
本当にお金儲け?と思うところもあるのが悲しいです。


とあるお客様は
お耳の炎症でお薬と診療代で3万円だったそうです。
初診でです。
優しいお客様は一緒に行ってもらったお友達に
お金を借りてお支払いしたそうです犬(泣)


悲しいですが本当のお話です。


皆さんも獣医さんとは良いお付き合いが
できると良いですねぴかぴか(新しい)


(安ければ良いとも言えません。治療内容で良い物を選べば
 高くなる事もあります。人間と同じです。)

信頼関係ですねぴかぴか(新しい)



ワクチンの考え方は
皆さんそれぞれだと思います。


参考程度にされて頂ければ嬉しいですぴかぴか(新しい)

また犬日和ではお客様とお話したり消毒にかける時間で
次のお客様までの時間にゆとりがあります。

皆様のお持ちの情報&知識も教えて頂けたらと思います顔(メロメロ)


そういえば
パルボにタミフルが効くという情報もあります。

日々勉強ですひらめき







なが〜くなってしまいましたが


パピちゃんいらっしゃいませ顔(メロメロ)



パピちゃんこんにちは11月.jpg


愛くるしいパピちゃんです!


ホットパックも良い子ちゃんです。





犬日和お得意?のフリフリになって頂きました。





かわゆいです顔(泣)涙だでちゃうほど。


パピちゃんフリフリアップ.jpg



でも男の子ですもんね。


こっちがいいかな?



パピちゃん星バンダナ.jpg



ありがとうございました!
次回 他のアイテムが届きました。
またコスプレお願い致します顔(メロメロ)


またお会いできるのを楽しみにしておりまするんるん





四葉12月のご予約が中半までかなり埋まってまいりました
ご予約のご希望がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。











































































ニックネーム もじゅママ at 00:14| Comment(4) | わん子の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よく勉強されているのですね。
ウィルスも細菌も同じ様に思ってました。
ジステンバーはよく聞きますが、バルボは初めて知りました。
怖いウィルスなのですね。
獣医さんとの信頼関係は大切だと思います。
以前掛かってた獣医さんは、前犬が太っても
「ちょっと、太り過ぎですね」と、軽く言われて
こちらも「まぁ、いいか」と、色々な食べ物を与えていました。
今の獣医さんは、「太ってる方が可愛く見えるけど、痩せた犬やなと思われる位が犬にとってはいい」と言われ、
太ったワンコの飼い主さんに「これ以上太らせたら私はもう知りません」と、きつく話されてるのを聞いて、
私にはこの獣医さんが合っていると思い、
お世話になってます。
ママさんのお店に行けば、綺麗にしてもらった
上に知識も与えて頂けるのですね。
近ければ実際にお会いしてお話したいです。
Posted by 天のママ at 2009年11月12日 17:13
犬(笑)天のままさん

いえいえあせあせ(飛び散る汗)昔 トリマーの学校で教えさせて頂いていたので必要にせまられていただけなんです。

また昔の生徒さんが獣医さんで働いていたり
で色々話せる環境に感謝です。

タミフルが効くなど普通で生活していたら
なかなか出会えない知識だと思ってます。

お客様にも勿論強制はしませんし
選択肢が増えるて飼い主さんが色々
選ぶ事ができたらいいなわーい(嬉しい顔)と思ってます。

確かにプクプクしているのは可愛らしいですが
歳をとった時にでてしまいますよね犬(泣)

私も天のママさんにお会いしたいです顔(メロメロ)


Posted by もじゅママ at 2009年11月14日 14:39
どんなウィルスがあるのかとか、ウィルスの怖さとかまったく知りませんでした。

ワンコを飼うときにお世話の仕方とか、しつけの仕方とかいろいろ私なりに勉強したつもりでしたが、病気のこととかまったく無知だったことにちょっと恥ずかしく思っています。

ウィルスもとても怖いけど、ワクチンの副作用も怖いデス。。難しいですね。

とりあえず、私にできる天日干しとかからはじめてみようかな?と思ってます。

Posted by ジェイドママ at 2009年11月21日 22:44
犬(笑)ジェイドちゃんママさん

私もこの職業についてない時は
全くの無知でしたあせあせ(飛び散る汗)

小学生の時に飼っていたMIXのワン子は
狂犬病しか打っていませんでした。
途中で知ったぐらいなんです。

なかなか判断は難しいですよね顔(え〜ん)

皆様の知識として頂ければ
嬉しいです!

Posted by もじゅママ at 2009年11月22日 01:38